ニキビ自体も辛い症状ですが、治癒した後に残るニキビ跡のシミというのも無視することができない問題点です。
そこで、ニキビ跡のシミが起こってしまうメカニズムや美しい肌を取り戻すためのシミを消す方法を知っておくと参考として役立ちます。

ニキビ跡によるシミの原因

最も一般的なニキビ跡のシミは、ニキビがあった場所に残る茶色いシミで、これは炎症発生時にメラニン色素が生成されることに由来しています。
健康な肌なら多少のメラニンが生成されてもターンオーバーで徐々に排出されて白い肌になりますが、炎症が悪化して真皮までダメージを受けるとメラニン色素が残ってしまうのです。
赤黒色や紫がかった色のニキビ跡のシミは、炎症や化膿が悪化して奥にある真皮にダメージがおよんで毛細血管が壊れて、血液が皮膚細胞に漏れ出て染みこんでいくものです。
血液に含まれるヘモグロビンは酸素と結びつくと黒っぽく変色して、それがシミのように残ると赤黒色か紫がかった跡になるのです。

ニキビ跡のシミを消す方法

ハイドロキノンという成分を含む軟膏の使用

こうしたメカニズムで起こってしまうニキビ跡のシミを消す方法としては、ハイドロキノンという成分を含む軟膏の使用があります。
ハイドロキノンは黒色メラニンに変化するチロシナーゼという酵素の働きを阻害して、メラニン生成をダイレクトに防ぐことが可能です。
ただしハイドロキノンは、美白効果が高いのですがその反面刺激が強いので、用法・用量をしっかりと守り正しく使用する必要があります。

美白化粧品を使用

ニキビ跡のシミを消す方法として美白化粧品を使用するケアも効果的です。
美白化粧品には、美容成分や美白成分が含まれていて、色素沈着ニキビ跡ケアに必要なターンオーバーを促進する効果があります。
また化粧品によっては、それにプラスしてメラニンの生成を抑える効果が期待できるものもあります。
先に触れたハイドロキノンやビタミンC誘導体といった成分が配合されている美白効果のある化粧品を使用して、色素沈着ニキビ跡のシミを消すと良いです。
こうした自宅でのスキンケアでも改善することができますが、美容皮膚科や美容外科などのクリニックでの治療は考えてみるのもひとつの選択肢です。

角質層の水分量を保つ

肌のターンオーバーが正常であればニキビ跡のシミを消すことも可能です。
肌のバリア機能を回復させてターンオーバー周期を整えるためには、角質層の水分量を保つ保湿が重要になります。
また、それと共に角質層の乾燥を招く男性ホルモン量の低下も大切で、男性ホルモン量を抑えるホルモン治療を考えるのなら皮膚科専門医に相談することが必須です。