男性は女性よりも脂の分泌量が多くて、角質も女性より厚いと言われていて、男性と女性では肌質に違う点があります。
また、女性は年齢と共に肌の水分量や油分量が低下していきますが、男性は女性と同様に水分量は低下しますが、油分は20代〜50代くらいまでほぼ一定に推移するのです。
それから男性は女性よりも日焼けに強いと言われていて、このような肌質の違いから中高年になった男女の肌を比較すると、男性の方がしわやたるみが少ないです。
その為に、同じ年齢であっても男性の方が若く見えることが多くて、女性は老けてみられる傾向にあります。

シミができる原因〜男性と女性の違い〜

それでは周囲に老けた印象を与えかねないシミができる原因は、男性と女性では違いがあるのでしょうか?
シミは基本的に紫外線・傷やニキビ跡・加齢・遺伝・皮膚への過剰な刺激・ストレスなどが原因になり生じてしまいます。
こうした基本的な原因は男性でも女性でも違いはありませんが、細かく比較していくと違いはあると言えます。

男性のシミの原因

男性の肌は、毎日のひげ剃りや過度な洗顔などによって、皮膚への過剰刺激を受けがちで、それによりメラニンが生成されシミの原因になります。
また男性は女性と比較してスキンケアに力を入れているという人は少なくて、肌が一番乾燥しやすい洗顔後に化粧水や乳液を用いて保湿することはあまりないです。
その為、角質層が硬くなって古い細胞が肌の表面に留まって新陳代謝が活発に行われなくなってしまいます。
最近は男性もスキンケアを意識する傾向にあるので一概には言えませんが、こうしたスキンケアを怠ってしまうことによりシミが生じやすくなるのです。

女性のシミの原因

女性に生じるシミは、妊娠・経口避妊薬などで誘発あるいは悪化すると言われていて、女性ホルモンが関連して発症すると考えられています。
実は、妊娠中にエストロゲンという女性ホルモンの分泌が多くなることが、シミの原因となるメラニン色素をつくるホルモンも刺激するためシミができやすくなるのです。
このように女性特有の原因も考えられるので、男性のシミと女性のシミの原因には違いがあるケースも考えられるのです。

適切な対策が大切

しかし、いずれにしても油断していると男性も女性もシミができてしまうものですし、しっかりとした適切な対策をしていくことが大事といえます。
自分だけは大丈夫ということは一切ないので、周囲に老けた印象を与えかねないシミの原因を理解して、解消するように心がけるようにすることをおすすめします。