シミレーザー治療をすると、シミがパッと消えると考えている方も少なくないですが、実際にはそのようなことはありませんし、シミレーザー治療後約50%の方に副作用として炎症後色素沈着が生じます。
この炎症後色素沈着とは、ニキビ後やケガをした後にみられる茶色いシミみたいなものです。
シミレーザー治療では、メラニンを破壊することで治療をおこなうため、その破壊時に出る熱で周囲の皮膚も破壊して炎症後色素沈着が起こるのです。
特に日本人など黄色人種はメラニンが多いことから、炎症後の色素沈着を起こしやすい傾向にあるのです。

シミレーザー治療後の炎症を抑えるためのポイント

ただシミレーザー治療後の炎症性色素沈着を防ぐ方法もあって、炎症を抑えてメラニンの過剰生成を防ぐことが重要になります。
その為のポイントとしては、シミレーザー治療後の炎症を抑えるために、できるだけ刺激を与えないことです。
また、処方された薬の外用や内服をきちんと使用すること、患部をひっかいたりかさぶたを無理やり剥がしたりしないことも大事です。
それから、メラニンの過剰生成を防ぐために、日焼け止めや美白剤を使用して刺激になる紫外線をカットすることも大切になります。

シミレーザー治療後に炎症性色素沈着になってしまった場合

それでもシミレーザー治療後に炎症性色素沈着になってしまった時の対処方法としては、美白剤や美白化粧品の使用やビタミンCの内服があります。
またケミカルピーリングやイオン導入などもありますが、その中でも比較的実行しやすいのが美白剤や美白化粧品の使用です。

関連記事→シミ消しクリームってどう選べば良いの?選び方のポイントと注意点

オススメはプラスナノHQ

そして、シミレーザー治療後に炎症性色素沈着になってしまった時の対処におすすめなのが、プラスナノHQという国産のハイドロキノンクリームです。

なぜプラスナノHQがおすすめなのかというと、そのポイントはメラニンの抑制と還元により改善と予防ができることです。
配合されているハイドロキノンには、原因となるメラニンの生成自体を抑制させる効果と、すでにできてしまった色素沈着のメラニンを還元して薄くする効果があるのです。
その為、シミレーザー治療後に炎症性色素沈着になってしまった時の対処として、集中的に塗ってケアすることができるのです。

また、ただシミを消すだけではなくてシミレーザー治療後に炎症性色素沈着を起こしている部分を整えて、きれいに治していく整肌成分が数多く配合されていることもおすすめポイントです。

配合成分 ビタミンA・ブドウつるエキス・ビタミンC・アスタキサンチンなど

その為にプラスナノHQは、肌荒れを防止しながらシミレーザー治療後に炎症性色素沈着をポイントケアすることができます。

プラスナノHQを最安値で購入するなら