同じようで別物のシミと黒ずみの違いは

シミや黒ずみは、女性の肌の悩みとしていつも上位にランクインする悩みで、同じものとして扱われがちですが、実は異なる原因によって肌に発生するのです。

シミの原因

肌には古くなった肌の細胞が剥がれ落ちるターンオーバーと、紫外線を肌の深部に向かわせないために、メラニンという黒い物質を生成すると言った2つの機能があります。
実は、この2つの働きがシミの原因となります。

紫外線を浴びるとメラニンがたくさん生成されますが、皮膚のターンオーバーによって古くなった細胞と一緒にメラニンも皮膚の外に排出されるので、メラニンが溜まりにくくなっています。
しかし年齢を重ねるとターンオーバー機能が低下して、肌の中にメラニンが溜まって皮膚に沈着してしまうことがあって、この状態が続くとシミになってしまうのです。
このような原因で起こるシミは、老人性色素斑と呼ばれたり日光性黒子と呼ばれたりします。

シミになるその他の原因

シミになる原因は紫外線以外にもあって、肌を強くこすったりして刺激を与えると、肌を守ろうとしてメラニンのもとになるメラノサイトが活性化されます。
その結果、メラニンが増えてしまいシミになってしまうことがあるので、化粧品などを塗るときに強くたたいたり、こすったりするのは避ける必要があります。
また、下着や生理用品などの摩擦で肌が刺激されると同様にメラニンが作られてしまって、シミの原因になってしまうのです。

黒ずみの原因

一方、肌の黒ずみの正体は毛穴で、その毛穴が奥が深いと表面から見た時に黒く見えることがありますし、毛穴の開口部が大きくなっているとその部分が黒ずんで見えてしまうのです。
男性ホルモンが多い女性の方は、皮脂腺が大きいために皮脂腺の出口である毛穴が大きくなってしまうことがあるのです。
また、年齢と共に肌のコラーゲンなどが減少して、肌の張りがなくなると毛穴を構成する部分が弱くなって、毛穴が広がってしまうこともあります。

こうした毛穴の開き以外の原因で黒ずみが起こることもあって、それは毛穴に老廃物が詰まって黒くみえてしまうことです。
毛穴の奥から出てくる皮脂と古くなった角層が混ざって毛穴に詰まると角栓と呼ばれるものになって毛穴に蓋をしてしまいます。
これらがよく言われている肌の黒ずみの正体であり原因なのです。

シミと黒ずみの原因まとめ

シミはメラニンが原因で黒ずみは毛穴が原因で肌トラブルを起こしてしまうもので、シミと黒ずみは別の物なのです。
ただ、一般的に肌の黒ずみと言われるものについては、毛穴の黒ずみとシミをまとめて考えられることが多いですが、違いがあることも知っておく必要があります。

シミ消しの治療方法と毛穴の黒ずみを治療する方法は?

シミ消しの治療方法としては、まず外用薬や内服薬で効果が得られるか試してみると良いです。
外用薬としては、メラニンを除去する肌の漂白作用が強くて、しかもメラニンの生成を抑制するハイドロキノン軟膏があります。
また、コラーゲンを産生することで皮膚のターンオーバーを促進してメラニンを排出すると共に、肌にハリ・弾力・潤いをよみがえらせる効果があるトレチノイン軟膏というのもあります。

内服薬としては、メラノサイト活性化因子をブロックしてメラニンの発生を抑制するトランサミンや、高い抗酸化作用があってメラニンに働きかけて色素沈着を緩和するビタミンC誘導体があります。
また若返り成分と呼ばれてビタミンCと組み合わせることで相乗効果が期待できるビタミンE、メラニンの還元力が高いL−システインというのもあります。

美容皮膚科も1つの方法です

こうした美白作用のある外用薬の塗布や体内から美白を促す内服薬を服用しても効果が現れない場合には、美容皮膚科などでレーザーや光治療を受けることを考えてみると良いです。

レーザーによるシミ消し治療

レーザーによるシミ消し治療の方法は、黒い色にのみ反応する波長のレーザーを照射して、シミのもととなるメラニンを破壊して除去するものです。
症状によって施術による痛みは異なりますが、一回の治療で効果が期待できて、きれいな肌が甦ります。
一方、光による治療方法は、IPLをメラニン色素に照射すると、それによりメラニン色素にダメージを与えて浮き上がらせます。
その浮き上がった色素は皮膚の代謝で剥がれ落ちるため、光を照射する度にシミ消しが進んでいくことになります。

関連記事→シミ取りレーザー治療で後悔しないために知っておきたい注意点と費用

美白剤の使用による黒ずみ治療

肌の黒ずみを治療する方法は、ビタミンC誘導体・アルブチン・コウジ酸・エラグ酸・ルシノール・リノール酸・4MSK・マグノリグナン・プラセンタエキスなどの美白剤の使用があります。
その中でも毛穴のトラブルについては、ビタミンC誘導体がとても有効です。

また肌の黒ずみにはケミカルピーリングも有効で、フルーツ酸やサリチル酸などの酸を用いて、古い角質を剥がし新しい皮膚との生まれ変わりを促進する治療方法です。
美白剤によりメラニン生成を抑制して、ピーリングでメラニンの排出すると相乗効果が得られます。

それからシミ消しと同様にレーザー治療で肌の黒ずみを解消することも可能です。
ただ、レーザー治療よりも緩やかに作用する光治療の方がメリットがあって、しかもレーザー治療よりも一度に広範囲の施術が可能な点もメリットのひとつとしてあります。
レーザー治療と光治療のどちらを選択するかは、しっかりと検討する必要があります。

オススメのシミ消しクリーム・黒ずみ専用のクリームはコレ!

シミや黒ずみの悩みを解決してくれるのがシミ消しクリームですが、本当にシミ消しが可能なのか疑問に感じてしまう女性も少なくないです。
しかし、シミや黒ずみの発生を予防するだけではなくて、今あるシミや黒ずみを改善に導くことが証明された成分があって、それがハイドロキノンです。
つまり、ハイドロキノンが配合されているシミ消しクリームなら、シミ・ソバカス・黒ずみ・ニキビ跡の色素沈着など、様々な肌トラブルを解決してくれると考えられるのです。
そこで、ハイドロキノンが配合されているシミ消しクリーム・黒ずみ専用のクリームで、おすすめといえる商品を紹介したいと思います。

関連記事→シミ消しクリームってどう選べば良いの?選び方のポイントと注意点
関連記事→失敗しない黒ずみケアクリームの選び方と注意点は?

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

ひとつ目はビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9です。
商品の特徴は、
・ハイドロキノンの漂白作用を最大限に活かすために独自の浸透技術を開発した商品。
・浸透力が高いので即効性をアップ。
・低刺激な成分配合でバランスの取れたハイドロキノン化粧品。
こような特徴があるビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9なので、気になるシミやそばかす、黒ずみも気がつかなくなるほど薄くしてくれます。
驚きの早さで効果を実感できて、美しい肌に自信が湧いてきます。

ビーグレントライアルセットを試すなら

プラスナノHQ

2つ目はプラスナノHQです。
・ハイドロキノンを安定的に肌に届ける化粧品。
・酸化しにくいパッケージで1ヶ月使い切りで新鮮さが特徴。

プラスナノHQを最安値で購入するなら

アンプルールラグジュアリーホワイト ローションAO II

3つ目はアンプルールラグジュアリーホワイト ローションAO IIです。
・新配合した抗酸化作用が高いAOカプセルでシミやくすみをリセット。
・劣化しにくい安定型ハイドロキノンを配合しているので安定的な美白効果。
・美白だけではなくて乾燥肌を改善し肌をモッチリと仕上げ肌を整える。

アンプルールラグジュアリーホワイトを最安値で購入するなら

シミウス(SIMIUS)の口コミの詳細はこちら|口コミ厳選ナビ

ハイドロキノンが配合されている化粧品の注意点

ハイドロキノンが配合されている化粧品は、美白効果が高いと共に刺激も強いことから用法・用量を守ることが重要です。
正しく使用しないと白斑などの副作用を起こす可能性があるので注意が必要です。
また、本来は肌を守るメラニン自体を機能させなくする働きがあるので、使用している時に紫外線を浴びると、無防備な状態で肌を攻撃をされ続けることになります。
その結果、シミなどよりも大きなダメージを負う可能性も考えられるので、夜だけ使用して朝には肌に残っていない状態にしたり、日焼け止めを塗り紫外線からガードしたりする必要があります。
こうした使用上の注意点があるので正しく使用すると共に、必要に応じて医師や薬剤師のアドバイスを受けるのもおすすめです。